犬サイトdogoo.com

犬の避妊手術メリットとデメリット、する必要ない? Ruty さん

犬 避妊手術 メリット デメリット する 必要ない

4歳になったメスのマルチーズ犬を飼っています。
避妊手術をするか止めるかで、迷っています。避妊手術メリットとデメリットを理解したうえで、手術するか必要ないか判断したいと思います。
手術のデメリットとしては、性格の変化、肥満、皮膚の病気、を聞きますが、メリットと比較しまだ手術の決断ができません。

皆さんは何を決め手に、手術する?しない?どっちを選びましたか?
他にもデメリットやアドバイスがあれば教えてください。よろしくお願いします。

避妊のメリットとデメリット suka さん

うちの場合は、月齢10ヶ月のとき初ヒート(生理)になり、ヒートが終わったタイミングで避妊手術をしました。
術後の変化はありません。性格の変化も皮膚の異状も、アレルギーの発症もナシです。

避妊手術デメリットについて、全身麻酔の注意点は調べましたか?麻酔の影響はゼロではありません。 危険性が、できる限りゼロにするための対策をきちんと取りましょう。飼主へ丁寧な説明する病院を選ぶ、そういう獣医師を探すのも、飼主の責任ですね。

【避妊手術をするデメリット】

【避妊手術をするメリット】

メリットとデメリットを天秤にかけ、考えるといいかもしれませんね。
悩んだ末に結論を出すころには、どちらを選んでも、自分の答えに自信が持てるようになるでしょう。

Q.避妊・去勢手術の長所・短所について教えてください。
A.短所としては、太りやすくなる、稀だがホルモン性の脱毛症になることがある、全身麻酔のリスクがある。長所としては、望まない妊娠を防ぐだけでなはなく、ある種の病気の予防になる(略)メスでは子宮蓄膿症、卵巣子宮の腫瘍、乳腺腫瘍といった病気です。
引用元: サンシティ動物病院(東京都板橋区)

・犬の避妊手術のメリット
- 避妊手術をすることで予防できる代表的な病気:乳腺癌・子宮蓄膿症・子宮ガン
- 子宮蓄膿症や卵巣がんを100%予防できる
- 乳腺腫瘍の発生率を低下させる
- 子宮蓄膿症や卵巣がんの予防になる
- 偽妊娠などの行動がなくなる
引用元: ゆう動物病院(大阪府豊中市)

手術した後、変化なし ちびちち さん

過去から今まで飼っていた(飼っている)雌犬4頭に避妊手術をしました。
全ての犬に共通すること、避妊手術した後の変化は、特に何も無かったです
少々、太った子もいましたが食事と運動で対応したら、元の体重に戻りました。
性格についても、手術して帰ってきたところをチヤホしたので「チヤホヤ度」が上がり、ちょっとワガママな犬になった時期もありますが、おおむね性格のゆがみや変化は無かったです。

避妊手術は私達にとって必要と判断 boni-ta さん

うちも避妊手術をして2ヶ月経ちます。
する前は、避妊手術が必要ないかと結構悩みました
手術中に何かあったら・・・とか色々考えて、たくさんの本やサイトを時間かけて見ました。その結論は、人によって感じ方考え方が違うので、結局は自分で判断するしかないですよね。
私は獣医さんと何度も話しをし、納得して手術をしたので今は良かったと思っています。

獣医さんから「避妊をせずに高齢になり、子宮や乳腺などの病気にかかったとする。それから手術するのと、若くて健康な時に手術する。比較するとどっちがリスクが大きいと思う?」という言葉に納得しました。

ドッグカフェ、ドッグラン、犬と一緒に旅行など、どこにでもワンコと一緒に行きたい・・・という思い。災害で被災者になったとき、私が事故や病気で入院したとき、様々な状況を考えたうえで、避妊手術は私達にとって必要と判断しました
今のところ手術をしたデメリットは何もありません。食餌と運動不足に注意してます。

あるサイトに「避妊手術の欠点は、子供っぽさが残るため、高度なしつけが入りにくくなる」と書いてありました。盲導犬や介助犬、警察犬、災害時に働く救助犬などは、すべての犬に避妊手術や去勢手術をしていますよね。なので、この考えは誤りかな・・・と思いました。

犬に避妊手術はおすすめしません *** さん

なぜ避妊手術を必要とするのか?って深く考えてください。
私は、どちらかというと犬に避妊・去勢手術はおすすめしていません
もちろんオスで攻撃性のある犬は、去勢が必要だと思うし、その時は提案します。

避妊手術にも色々な考えがあって、犬の飼育状況や、育つ環境や場所によって違う答えがあると思います。
獣医さんによっては、それこそ目先のお金が目的で手術を行う方もいます。麻酔の危険性なども説明せず、手術しそのまま亡くなった犬もいてます。

卵巣や子宮・睾丸などを採ってしますしまう為、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
それにより体に弊害が出てくるのは、当然の結果だと思うのです。人でも現在卵巣全摘出等なるべくしないようになっています。それはやはり弊害が出るからです。

健康状態で手術をしてもリスクはゼロではありません。妊娠するかもしれないのは、発情後期だけです。
手術し卵巣を切除したら、元に戻すことは出来ません。よく悩んで下さい。最終的に決めるのは飼主さんですから。

避妊のデメリットが発症 らら さん

我が家のメス犬ですが、避妊手術のデメリットがそのまま出てきてしまいました。

【避妊手術後の症状】

1肥満
運動もさせていますが、何よりも可哀想なのがドッグフードの減量です。
我が家は多頭飼いなのですが、他の子達の3分の1から2分の1程度の量しかあげられません。
2分の1ではすぐに肥満になってしまい、皆はお腹いっぱいにご飯を食べているのに、避妊手術した犬は満足いく量を食べていないのが現状です。
2アレルギー
アレルギーも以前は無かったのに、避妊後にアレルギーが発症しました。
3トイレの失敗
今まで完璧だったトイレが全然出来なくなる。我が家の場合、多頭飼いなので、この子だけを甘やかしたりした覚えはありません。

確かにメリットもある避妊手術ですが、デメリットもあります。個体差の問題が大きいとは思いますが。

術後に、後悔している人はいない pin さん

うちは1歳2ヶ月、ヒート2回後に避妊しました。 性格は変らず、体重変化なし太らず。皮膚病は術前からあります、(避妊手術と因果関係なく)成長ともに皮膚の炎症は治ってます。
先生から肥満に関しては、術前の食事量の20%減か、運動量の20%増を一つの目安にしてねと言われました。
術前の体重8.3キロから7.8キロになり安定しています。
術後すぐに、2回ぐらいトイレを失敗しましたが、すぐ元に戻りトイレを成功します。

私の周りは、避妊・去勢した犬が多いですが、手術を後悔している人は(たまたまなのか)いません
手術することで、ホルモン・バランスが崩れて弊害が出て来るという事を、術前に調べている時、いくつか目にした事がありましたが、「そうかなぁ?」と今でも疑問に思っています。
うちの場合は、高齢になって、病気になり、抵抗力が落ちた所で、全身麻酔しての避妊手術という方が怖いし、体力がある若い年齢がいいなと思い早々に手術しました。
手術する前は、相当悩みましたが、今は避妊手術やってよかったと思ってます。

避妊手術を決断した理由 ぷぷ さん

我家はオスとメスがいて、2匹とも去勢避妊済みです。
最近、友人が5才のメス犬が避妊手術をしました。
友人も手術デメリットが不安で、今まで決断できなかったのですが、避妊手術を決めた理由です。

【避妊手術を決断した理由】

手術後、性格は変わらず。食事はカロリー少ないダイエット食のライトやシニア用に代えたそうです。
我家の2匹はオス1才、メス3才の時に手術し、2年経ちましたが、やはり性格は変わらず、冬場は運動不足でやや太りますが、夏は標準に戻ります。
食事はドライ(ライト)と手作りで、量は特に減らしていません。ダイエットの方法はいくつかあるので、太らせないためにも知識や情報を集めるといいですよ。 犬のダイエット、痩せるのに成功した減量方法のコツ

Re: 犬の避妊手術メリットとデメリット、必要ない? Ruty さん

皆さん、いろいろなご意見どうもありがとうございました。
手術後デメリットが出なかったわんちゃん、発症したワンちゃん、両方の体験が聞けて、とても良かったです。
必要な時ペットホテルで預かってもらえなかったり、災害時のこと、偽妊娠が出るかもしれない、子宮の病気を考えると、リスクあっても手術は必要かなと。獣医さんとよく相談して、最終的に決断します。