犬サイトdogoo.com

Re: ティーカップ・プードルのサイズや病気について サム さん

べべさん、ありがとうございます。
大変ですね、足が弱いのは・・・。飼い主さんも大変ですが、本人(犬)も辛いでしょうね・・・。
それを見ているべべさんも、辛いでしょう。

私の友人にも、犬ではないですが、譲っていただいた子に疾患があることが分かりました。遺伝性のものらしいです。とても辛そうです。
一か月数万円の出費も痛そうですが、何より苦しんでる時が辛いと言っています。
よく聞いたら、親も同じ病気で、兄弟も同じ病気らしいのです。(今まで気づいていなかったようですが、同じ症状が出ています)
こういうお話、やはり少し辛いですね。
べべさんのご意見も参考にし、健康第一の子を探したいと思います。
べべさんも、頑張ってください。

Re: プードルの小さいサイズについて アース さん

特殊じゃないですよ。未熟児と呼ばれる子犬には、何らかのリスクが有ります。
脱臼は癖になるから、ワンもべべさんも大変だけど、がんばってくださいね。
サプリメントですが、サメの軟骨から作った(名前忘れてしまいました。ゴメンナサイ)やつが良いですよ。箱は青色でした。
本当に乱繁殖は辞めて欲しい。
リスクを背負って産まれてくる子が沢山いるのに・・・・

ティーカップ・プードルとはJKCに存在しない犬です。
つまりトイ・プードルから産まれる未熟児の事です。豆柴もこれにあたります。
私個人的にはあまり好ましく無い結果です。わざと小さい子達を交配させ大きくならない子を作った結果です。

こんなことが進むと健康面に影響が出てきますし、本来あるべきスタンダードの姿が無くなります。
こうやってミニ、トイと産まれた事は事実ですが、これ以上サイズの小型化は進んで欲しくないと思います。

Re: アースさん、ありがとうございます アン さん

こんにちは、アースさん。ありがとうございます。
顔つきが少し変わってきてるのは、確かですね。
違う種類みたいな顔になってますね。やはり飼い方は難しいのでしょうか?

私はティーカップサイズのプードルを見たことが無いのですが、小さいチワワ並みなのでしょうか?
チワワも大きい子は結構がっしりしていますが、小さい子は抱くのも怖いくらいですよね。
私はチワワの大きいサイズ位を想像していたのですが、そんなに小さいのなら、散歩などもあまり出来ないし、一緒に楽しめる自信ないなぁ。
結構考えてしまいますね。

Re: ティーカップ、トイ・プードルの体重 アース さん

トイは3キロ前後ぐらいですから、ティーカップは1〜2キロ前後かな?
飼い方は難しいと思います。大きい子に比べたら体力的、身体的に弱いですよ。
チワワとかを飼っている方から見れば普通かもしれませんが・・・・。

Re: ティーカップ・サイズは極小な未熟児ではない、元気に育つなにわの欣ちゃん さん

僕はワンコ大好き人間で、プードル7頭・バセンジー2頭のワンコと過ごしています。
決して、ブリーダーを標榜していませんが自然繁殖したものを友人に譲っています。
販売はしていません。そういう意味ではプロのブリーダーではありません。

ティーカップ・プードルのことでいろいろとご質問があるようですね。
我が家には、トイ・プードルが7頭居るんですが、そのうちの3頭がいわゆるティーカップ・サイズと呼ばれているものです。
1匹は我が家で生まれた子供で、2匹は購入したものです。

ティーカップ・サイズは極小な未熟児と言う説は当てはまりません。
我家の3頭:きらら♀11ヶ月1.5s、リッチ♂6ヶ月1.3s、アリス♂2ヶ月超550グラムです。
全く問題なく元気に育っています。一度も病院に入っていません。予防注射以外ではね。
また、我が家から輩出した子犬♀もティーカップサイズですが、全く問題なく育っています。むしろ元気すぎて困っています。

小振りの親同士からは、小さい子が生まれるのは自然の摂理です。
トイ・プードルも、、全くそのように輩出され種の固定がなり、犬種登録されています。
確かに、最近のトイプードルの価格は異常なものがあります。
でも、これも、需要と供給のバランスと言えるでしょう。

ただ「ティーカップは儲かる!」とプチブリーダーの方が最近増えています。
さらにブローカー的な仲介者も居て、愛犬家を装って小振りの子犬を買い求め転売する。
そんな方もいるのは事実です。実際、私のワンコ仲間の子を安く譲り受け、倍以上の価格で転売された方も居ました。

ティーカップ・プードルの大きさの定義はまだはっきりしていませんが、ワンコの専門雑誌に次のような定義付けをしているものがありました。
成犬サイズで、体高(お座りの状態で頭の位置から地面まで)が28センチ以内とありましたが、体重の定義はなかったですね。
ただ購入する時点で、幼犬の中からどれがティーカップかは解りません。

僕が購入及び輩出した子の判断材料にしているのは、生後60日を目安に体重が500グラムです。
体重だけの判断で言いますが、これは総てが未熟児とはいえません。
加えて全体のバランス、お尻の具合、足の太さ、強度そして、健康状態の良否から判断します。

ブリーダーやペットショップの中には、体重が1キログラムでもティーカップとして販売していますが、無理があると考えています。
もっともトイ・プードルでも、ミニチュア?サイズもいますからね。
ショップやブリーダーでさえ、定義付けが不明瞭で曖昧なんです。

購入される場合、本当に信頼が於けるブリーダーやショップを選ぶことがとても大切です。
最近ネット販売もされていますが、実績のないところは避けるべきです。
血統書が送られてこないところもあるようです。 またプードルを飼っていて、儲かるかもと無理に繁殖させて、販売するプチブリーダーもネットにいます。
このような購入の仕方は、、やっぱり避けるべきでしょう。
もっともこれは、プードルに限った話ではありませんが・・・

良い子犬を選ぶ場合、事前の知識は是非とも必要です。
そういう意味では、この場はとても良い場所かも解りませんね。