犬サイトdogoo.com

ティーカップ・プードルのサイズや病気について アン さん

ティーカップサイズのトイ・プードルという子犬をよく見るのですが、こんなに小さくなってしまって、普通のトイ・プードルより病気になりやすいとかはないのですか?
とても可愛いとは思うのですが、遺伝性疾患などが心配です。
違うサイトで、子犬の選び方を間違えると病気になりやすいと書いてあったので・・・。

書き込みしている人は、個人的にティーカップ・サイズというのが好きではないのかな?という書き方でもありました。
もしティーカップ・プードルは病気が多く、育て方が難しいなら、少し大きめサイズの子犬を探そうと思います。
どうなのでしょう(?_?)

Re: ティーカップ・プードルの選び方 みなこママ さん

今日は。家のトイプードルは3.8キロですから、決してティーカップには入りません。
マズルも長いし、足も長いです。本来のスタンダードに近いと思います。
しかし今のプードルの人気には、マズルも短い、足も短いタイプのぬいぐるみの様な小さい犬という事があり、それがティーカップの犬となります。
そのタイプの子は絶対数としては少なく、異常な高い価格が付いています。

遺伝性疾患や病気の事はティーカップの子だからウンヌンカンヌンは一口には言えませんが、このサイズの子の歴史は浅く、犬の特質や選び方については充分ブリーダーの方の繁殖姿勢をみなければなりません。
犬を流行のファッションの様に表して、ただただテディベアカットが似合いますよ、となると将来今いるスタンダードタイプの子も凄く減ってくるのかもしれません。

Re: 子犬の選び方 Hinako さん

チワワでもトイプーでも小さい子犬が、必ずしも遺伝疾患などを持っているとは限らないと思います。
小さくても元気で丈夫な子も居るだろうし、大きさだけでは判断出来ないと思います。
信頼できるブリーダーさんとよく相談なさって親犬も見せて貰い、選択するトイプードルついて勉強され購入するのが良いかと思います。

ただ普通に少し体調が崩れた(食欲不振やゲリ)等でも、小さい子は大きい子より更に気を付けてあげないといけないかも知れませんね。
3キロの子の体重が200g減るのと1キロくらいの子が200g減るのとではやっぱり体力的にも小さい子の方が心配だと思います。

遺伝疾患についても心配かも知れませんが、普段の生活でも気を付けてあげたほうが良い様に思います。
大きくても小さくても家族になれば掛け替えの無い可愛い我が子です。
素敵な出会いが有ると良いですね!!

Re: ありがとうございます。 アン さん

アドバイスありがとうございます。
そうですか。ティーカップ特有のものはありませんか。
サイトでティーカップは病気が云々という事が書かれていたので、心配になってしまいました。
と言っても、私はトイ・サイズ以下なら良いのですが・・・。

そういう事があるのなら、あえて大き目の子限定で探した方が良いのかなと思ったので。参考になりました。
サイズは気にしないで、縁の有る信頼できそうなブリーダーさんを探します。

Re: ティーカップ・プードルの飼い方 べべ さん

こんばんは うちにはティーカップとミニチュア・プードル、Eコッカーがいます。
このティーカップ・プードルは無料でもらったんです。
しかしただほど高いものはない!

2歳で1.5Kgなんです。6ヶ月の頃から体重が変わっていません。
イコール 成長が止まっているということなんです。
成長が止まっているので、毛の抜けないプードルといっても子犬から大人への毛の生え変わりはありますが、うちの子にはそれがありません。
なので、子犬のままの毛なので非常にやわらかいです。

「やわらかい=手触りが良い」というのもありますが、毛質にコシがないんです。ですからすぐに毛が寝てしまいます。
一番の難点は小さいだけに足が弱く、膝蓋骨が本当によく外れます。
病気というのはしたことありませんが、下痢をしたときなど脱水症状になっただけで、体重が200gも減ってしまい、
毎回点滴をしなければなりません。
ですので、健康管理には他の2匹よりも神経質にならざるを得ません。
毛のサプリメント、関節や軟骨を補うサプリメントが欠かせません。

今のところ健康に生活していますが、プードルというジャンプの好きな犬種だけに、
(ジャンプさせないようにしていますが)
将来いつ、足が今以上に悪くなるかもという不安は耐えません。
後ろ足に強い筋肉ががつかないので、悪い足を支えるだけの力がないんです。
筋肉をつけるようにと、激しい運動も出来ません。

獣医さんと色々話をしたのですが、将来足が悪くなったとしても手術に耐えるだけの筋肉や体力がないので、無理でしょうということでした。
この子を飼っていて、本当に乱交配というのはやめてほしいとつくづく思いました。(ごめんなさい、交配の話じゃないですよね)
こういう状態はうちの子が特殊なのかもしれませんが、私は極小サイズの犬には何かしらのリスクがあると思っています。
アンさん かわいいワンちゃんがみつかるといいですね♪