犬サイトdogoo.com

犬がヨーグルトを食べても大丈夫? 効果的な食べ方や与える量 わん さん

犬 ヨーグルト 食べて 大丈夫 量

胃腸の弱い2歳になる犬を飼っています。
胃腸が弱い犬にはヨーグルトを与えると良いと聞きました。
犬は人間用ののヨーグルトを食べても大丈夫ですか? ヨーグルトをあげるときの注意点、毎日の食べる量や何が良いか知っている方、ぜひ教えてください。

犬はヨーグルトを食べれます。大丈夫です。 みなぽん さん

犬にヨーグルトを食べさせても問題ありません。食べても大丈夫な食品です。
ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれ整腸効果があるので、いま食べているフードにトッピングしたり、手作り食の材料やオヤツとしても与えています。
胃腸が弱った犬に、胃腸薬や整腸剤の代わりにヨーグルトを推奨されています。*1

同じ乳製品でも牛乳は、牛乳に含まれる乳糖が原因で問題を引き起こします。
乳糖を体内で分解できない犬は、下痢などの症状が懸念されます。人間も牛乳嫌いな人や牛乳を飲むと腹下しになる人は、乳糖を分解するのが苦手な体質な人と言われています。
一方、ヨーグルトは発酵するさいに、乳糖を分解しているので犬の体に悪影響を与える可能性が著しく低い食品です。
もちろんヨーグルトを大量に食べれば胃腸に負担がかかるし、ドッグフードを避けヨーグルトばかり食べ偏食するようになります。量は少量を与えてください。

*1 動物と牛乳(ついでにヨーグルトの事も)
- ヨーグルトは乳酸菌が大量に含まれている。で、この乳酸菌が何をするかというと、乳糖を分解して発酵してヨーグルトを形成しているのだ。だから基本的にヨーグルトは乳糖を含まない。
- ヨーグルトに含まれる乳酸菌には整腸効果も期待できるので、子犬や子猫で腸内細菌が不安定なときや、突発的におなかを壊して、手近なところに整腸剤がない場合には、甘くないプレーンの物ならちょこっとだけ(スプーンの先程度)あげてみてもよい。
引用元: フリッパー動物病院(神奈川県逗子市)

・犬・猫の食べてはいけないものリスト
ワンちゃん、ネコちゃんは乳糖を消化することが不得意なため、牛乳を与えると下痢をすることがあります。〜略〜 ちなみにチーズ、ヨーグルトは乳製品ですが、乳糖はすでに分解されているため基本的に問題ありません
引用元: もも動物クリニック(神奈川県横浜市)

効果的な食べ方、食べるタイミング このみ さん

食後のデザートとして、毎日、人用に販売しているヨーグルトを犬にあげてます^^ もちろん無糖です。
効果的なヨーグルトの食べ方は、毎日、少ない量を食べることです。

乳酸菌は1週間しか体内で生存できず、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスも日々変わるため、乳酸菌の栄養を随時補給するため毎日ヨーグルトを与えます。*2

ヨーグルトを与えるタイミングですが、昔は食後派でしたが、今は食前も食後も、どちらでも良いかなと思ってます(汗)
食後が良い理由は、ヨーグルトを含む乳酸菌は胃酸に弱いので、食べた直後の胃酸が薄くなっているところで与えると、腸まで辿り着く乳酸菌が増えるから。
その一方で、乳酸菌は腸内で死んだとしても整腸効果がありとか。乳酸菌は生きたままでも、あるいは死んでも体内で良い効果があります。*3
食前にヨーグルトを食べるメリットは、(1)血糖値の上昇を防ぐ(2)カルシウムの吸収が良くなる、があります。
整腸作用の乳酸菌について考えるとヨーグルトは食後ですが、ダイエットや高齢犬のカルシウム補充などを考慮するなら食前ということです。

*2 毎日食べると効果的。
日々異なる食事の内容やストレスの状態で、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスも変化しています。悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増殖をつねに助けるためには、ヨーグルトを毎日食べることをおすすめします。
引用元: 疑問を解決!ヨーグルト辞典 - 株式会社明治

・上手な摂り方は?
乳酸菌は腸内でせいぜい1週間ほどしか生きられません。腸内で増殖・死滅を繰り返し、最後には体外に排泄されます。
引用元: 乳酸菌とは?- 株式会社ノーベル

・いつ食べればいいですか
- ヨーグルトは食品ですので、お薬のように「いつ」食べなければならないという決まりはありません。
- 一般に、「ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は胃酸の影響を受けやすいため、胃酸が薄まっているお食事後に召し上がると良い
引用元: 食べ方について - ダノン ジャパン

*3 ヨーグルトの乳酸菌は死菌でも効果がある
- ヨーグルトの乳酸菌は生きたままでも、あるいは死んでも体に良い様々な効果を示す。
- 生きた乳酸菌はもちろん、乳酸菌の酵素や菌体成分、あるいは、乳酸菌の発酵によって作られる数多くの生成物もヒトに有用な働きをする
引用元: 乳酸菌のお話(ヨーグルトと菌)- 株式会社明治

ヨーグルトの食べる量 ぷぷ さん

我家でも犬に毎日ヨーグルトを夜の食後に与えています。
もちろん無糖のプレーンタイプを酸っぱいままです。うちの犬はヨーグルトが大好きで食べますよ。
好んで食べるので、ヨーグルトの量を増やし与えすぎたら、便が下痢ぎみで軟くなってしまいました。

注意している点は、ヨーグルトの食べる量です。
無糖プレーン・ヨーグルトでも100gあたりカロリーが約60〜70kcalほどあり、野菜(きゅうり14kcal、トマト18kcal)と比較すると高い数値です。
人間の1回に食べる量と体重から換算して、3キロの犬にはティースプーン1さじ程度、5キロの犬には軽く2さじ与えてます。ドッグフードにわずかな量を追加するだけで充分です。
犬がヨーグルトを食べる頻度は毎日、量は少量。犬が食べる続けることが健康に大事だと思います。

我家の1匹の犬はお腹が弱く、嘔吐・軟便・食欲不振でしたが、毎日ヨーグルトを食べ始めてから丈夫になりました。
胃腸が弱い犬には、ヨーグルトの他に納豆や消化酵素の含まれる生のキャベツや人参・大根おろしも少量、日替わりでドライフードに添えて与えてます。

【動画】ヨーグルトを食べる犬

カスピ海ヨーグルトや市販ヨーグルトから手作り りょうこ さん

犬にヨーグルトはとても良いです。
お腹が弱い犬にも、そうでない犬にも健康維持のため、毎日少しのヨーグルトを食べさせてます。毎日、与えても犬は健康、胃の調子も大丈夫です。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増加します。腸が元気になれば免疫力を向上する効果も期待でき、健康維持に貢献します。

ヨーグルトを与え続けるとき、問題となったのは買ってくるヨーグルトの量と金銭的負担です。
プレーン・ヨーグルトを買って、毎日犬に与えても量が余る。賞味期限切れ近くになると、無理して私が食べてました。数百円の出費ですが(大汗)、捨てるのはもったいない。
どうにか適量にならないか?どうにか経済的に安くならないかと悩んだあげく、ヨーグルトを自宅で簡単に作れるタニカ電器の「ヨーグルティア」を購入しました。
カスピ海ヨーグルトや市販のヨーグルトから、自宅でヨーグルトが作れる電化製品です。

私はスーパーで売ってるプレーンヨーグルトやLG21、R1(明治)などを買ってきて、牛乳を入れ「ヨーグルティア」でヨーグルトを作ります。 食べて量が減ったら、残ったヨーグルトに牛乳を入れ「ヨーグルティア」でまた新しいヨーグルトを作る。1日で新しいヨーグルトが作れます。経済的にも安上がり。いうことなしです。
犬達も「ヨーグルティア」で作ったヨーグルトを食べてます。「ヨーグルティア」はネット通販で約7,000円で購入できます。なお私はタニカ電器と一切関係ありません(^^;

食べるヨーグルトはどれぐらいが適量の質問については、犬の個体差があるので食べた量と翌日の調子を見て、飼い犬に合ったヨーグルトの量をみつけてください。 毎日ヨーグルトを食べるなら、量は少しで良さそうです。

Re:犬がヨーグルトを食べても大丈夫 わん さん

いろいろとありがとうございます
これから犬にヨーグルトを食べさせます。