犬サイトdogoo.com
フィラリア(?)により亡くなった犬 クー さん 2006年6月19日(月)

12年と7ヶ月でした。血統種の秋田オスでタムと言います。一年ぐらい前からだと思いますが、肛門の真横に赤い腫瘍が出来始め、ここ2週間のあいだで衰弱が激しく進み、逝く5日前ぐらいまえまでは家の近所に散歩に出ていたのに、暑い日が続いたせいなのか、フィラリア(検査はしてないので判りませんが。生まれてから一度も予防してません)が進行したのか、原因はどちらか判りませんが、下半身(肛門)から腐り始め、皮膚が爛れ...。 私が仕事から帰宅した時はまだ息をしていました。 それから間もなくだったと思います。 どうもしてあげられない,何をしてあげたらいいのか判らない...。  先輩犬も昨年夏にフィラリアで同じように逝ってしまいました。医者に連れて行き、薬を半年飲ませ、薬を飲ませるのを止めてからはあっと言う間でした...。 その時は、最後も看取れず、自分をずっと責めてしまいました。 今も先輩犬にしてあげた事が正しかったのか(医者に連れて行き、薬を飲ませ寿命を無理に伸ばした事)が判りません。一生この想いを背負って生きていかねばならないのだとうか...。 どうしたら、ここから抜け出せるのだろうか。 誰か教えて。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 42番 さん 2006年6月19日(月)

かわいそうなタムちゃんのご冥福をお祈りいたします。何度も読み返しましたが…フィラリア予防さえしてればそんな思いをせずにすんだのでは?また、1年も前から腫瘍ができていたにもかかわらず、病院にもいかなかったのでしょうか…本当にかわいそう。一生悔やんでください。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 ゆ。 さん 2006年6月19日(月)

何度も読み返し、愛犬を亡くされて辛いでしょう・・・と言う言葉は出ません。
腹立だしさで体が震えました。
そこまで酷い状態で病院には連れて行ってなかったのですか?
文章を読む限りでは治療をされていなかったようにとれますが・・・
フィラリアも予防薬ではなく、治療薬です。
一度も投与されていないと書かれてますが、年に一度の予防接種(狂犬病も含む)もされていなかったのですか?
話せない愛犬に対して、予防・治療してあげるのは飼い主の愛だと思います。

タムちゃん。爛れた皮膚、痛かったでしょうね。可愛そうに。
クーさん。
「ここから抜け出せるのだろうか。誰か教えて」とありますが
抜け出したらいけないと思います。
一生その想いを背負って生きていくのが嫌なのですか?
背負うべきでしょう。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 ビアンカ さん 2006年6月19日(月)

大型犬は比較的短命だと聞きますが13年近く生きたんですね。タムちゃんがんばったんですね。
もっとしてあげたかった。
ああすればよかったかもしれない。って。
どんな理由にしろ飼い主は後悔するものだと思います。

フィラリアの予防をする。
ワクチン接種を欠かさずする。
でも、普段から狭いゲージやサークルに入れっぱなしで出すのは散歩のときだけというような飼い方をしている人を知ってます。
私にはその犬達が幸せだとはとても思えません。
逆に予防薬や通院が事情でままならないけれど、本当に目の中に入れても痛くないほど可愛がってる方も知っています。
極端な例かもしれませんが、どちらの方も知人なのでつい比較して考えてしまいます。どっちの子達が幸せだろう・・・って。

別の掲示板で安楽死のスレが立てられていました。
かなりの数のレスがありました。
息をひきとるというよりは故意に死なせることなので
賛否両論ありました。
安楽死を決めた飼い主で何年もずっと罪の意識にさいなまれていると書いている方がいました。
逆に苦しみを長引かせるよりもその子のためには間違った決断ではないと思っているという方もいました。

人間より寿命の短い動物を飼うのですから飼う前に覚悟が必要だとは思います。
でも犬は人間が大好きです。
だからどれだけ撫でてあげたか、一緒に過ごしてあげたかによって犬の幸せは決まるんじゃないかと思います。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 愛ママ さん 2006年6月20日(火)

ワンちゃんは飼い主が選べません。
くーさんのような飼い主さんにあたったことも、タムちゃんの運命だったんですね。

私もここ半年で2匹旅立って行きました。16歳の子と14歳の子を弁膜症による心不全で亡くしたので亡くなった悲しみは分かるつもりです。

でも私は発病して何年もの間、出来ることはすべてしたつもりです。
が、あの時もう少しあぁすれば良かった こうすれば良かった と病気前のことまで思い出したり、しまいには家の子で幸せだったのかな?て毎日悔いてばかりでした。

心臓の発作で苦しむ姿を見ると、楽にしてあげた方が・・・とも考えたこともありますが私には絶対に出来ず、命尽きるまでの間だけでもあまり苦しまないように、良く病院にも走りましたし、たくさんの薬を投薬して維持していました。
出来る限りのことをしていても、後悔が付いてきます

ワンちゃんと生活している上で何が正解かは無いですが、せめて、せめて薬で防げる病気は防いであげることが飼い主として最低限出来ることではないでしょうか。

本来ならお悔やみや励ましなどを書きたいのですが、クーさんの書き込みを見ていると書けませんでした。

今1番辛いときに書くような事ではないのですが申しわけ有りませんでした。

タムちゃんのために一杯悲しんであげて下さい。
お骨の周りをお花一杯にしてあげて下さい。
毎日毎日思い出してあげて下さい。
そうしている内に悲しい思い出が薄れ少しずつ良い思い出がよみがえってきて、家の子で良かったね。家の子で居てくれてありがと。って思えるように私はなってきました。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 ボンの介 さん 2006年6月20日(火)

うちの犬もタム君と同様の腫瘍ができました。
おそらく同じ病気だと思いますが、それは男性ホルモンが多いためにできてしまうもので、去勢しなければ良くなりません。
腫瘍自体をとってもホルモンがあればまたできてしまいます。
所謂、去勢しなかったために起こる病気です。
僕は薬にも手術にも頼る人間ですし、家族もそうなので発症と同時に去勢しました。
今、彼は16歳になろうとしていますが元気に過ごしています。

もし、クーさんが薬や注射、手術など、人為的に病気を治したり寿命を延ばしたり、ということを受け入れない方針であるなら(クーさんも含めて)、寿命を全うしたと言えるのではないでしょうか。

しかし、そうでなく自分は薬を飲んだり病院にも行ったりしているのなら、犬も同様にしてほしかったと思います。
タム君の場合はフィラリアが原因であれ、腫瘍が原因であれ、正しい人為的処置をしていれば12歳7ヶ月より長く生きていられたかもしれません。

クーさんがどのような考え方かはわかりませんので、的確な助言ができないことをお許しください。

犬は僕らよりも先に逝ってしまいます。
迎えると言うことは亡くなる日が来るということです。
その間にどれだけの愛情をあげられるのかではないでしょうか?
ただ、2頭に感謝することはとても大事だと思います。
いいことも悪いことも、2頭がいたからこそだと思うのです。
2頭に沢山のものをもらいましたよね…?

2頭のワンちゃんのご冥福を祈っています。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 さっち さん 2006年6月20日(火)

おはようございます。
クーさん わんちゃん、かわいそうでしたね。
今は、思いっきり泣いてあげたら良いと思います。それが、タム君にとって唯一救われる行為だから・・・
どなたもわんちゃんを旅立たせた時には多少なりとも後悔の念に心が潰される思いになります。
精一杯、看病できた飼い主さん、クーさんのように何もしてあげれなかった飼い主さん、様々です。
でも、気づいてあげて下さい!(もう、気づいているかもしれないですね)治療や予防を怠ると、どういう結果を招くか・・・
確かに大型犬で12年生きたら長生きの部類に入るかもしれ
ません。でも、ちゃんと治療をしてあげてたらもっと長い期間クーさんと一緒に過ごす事が出来たかもしれない。
もし、縁あって又、わんちゃんと暮らす事が出来たら、その時はタム君が身体を張って教えてくれた事、ちゃんと飼い主としての役割を果たしましょう。
泣きたい時には泣いていいんです。無理して這い上がらなくても・・・
こうして後悔の念が出てるんですからタム君も救われたはずです。(そう、思いたいです)

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 いずみ さん 2006年6月20日(火)

クーさんへ

私は6年ほど前に9年間飼った猫をなくしました。
実家にいた猫は半野良で、お外で亡くなってしまったことがショックで、次の猫は家の中で完全に家猫にしました。お外は野良猫から病気をうつされちゃう。という、私の身勝手から。
注射もきちんと打って、下痢すれば病院。鉢に刺されて病院。月に一度のシャンプー。お外に出ないから、爪切りもばっちり。おもちゃも買ってあげて。ごはんも、人間のものはひとつも与えず、カロリー計算されたご飯を与えて・・・・

私はこの子が私とともにずっと生きてくれると思いました。
しかし、突然。原因は誤飲性肺炎。
体にいいと思い、猫草を与えていたら、その草をおばかなこの子は肺に誤飲してあっという間になくなってしまいました。人間と違って、肺に余裕がないそうです。

私はものすごいペットロスに陥りました。
(最近こればペットロスだと知りました)
外に出して、自由にしてあげればよかったのかな。
そうすれば短い寿命でも楽しかったかな。
猫草なんて、いらなかったのかな。
お留守番なんかさせなければ良かった。
乗りたいだけひざにおいてあげればよかった。
もっとおもちゃを与えればよかった。
どんなに考えても、自分を否定する言葉しか出ない。
できなかったことしか思いつかない。
楽しかったことしか、思い出せない。
どうして居ないのか理解できない。

そして猫は飼えなくなってしまいました。
私の中であの子だけ。

いま、やっと心の整理がついて、飾っていた写真をアルバムにしまって、新しい子を迎えられました。
それが、今飼っているワンちゃん。
でも、今考えれば、

もっと早く迎えればよかった。

どんなに悔やんでも、あの子は帰ってこない。
そして、何が正しいか分からない。
ただ、次に迎えた子は前の子より
もっと幸せにしてあげたい。
その気持ちが一番大事だって。
そう思いました。

これが私がペットロスを経験した時の気持ちです。
長い文章すいません。
ご参考になれば幸いです。

RE:広く広くもっと広く...。 ロダン3世 さん 2006年6月20日(火)

クーさん、誰も助けることが出来ませんが、最後のご愛犬が苦しんだ瞬間のみを後悔するのです。
大型犬の秋田タム君との、10年間以上の楽しい思い出もあることでしょう。
 僕も両親を相次いで失った苦しみに勝るとも劣らない苦しみと同じく、ペットロスから逃げ出すことは出来ませんでした。
なので、次の言葉を送ります。

かたよらない心、こだわらない心、とらわれない心、
広く広く、もっと広く、
これが般若心経、空(クウ)の心なり。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 りん さん 2006年6月20日(火)

クーさん あなたに同情はしません。

一生 その罪を背負っていけばいい...
1年前に愛犬がなくなる悲しみがあって、そのときだっていろんな事を考えたでしょう。
フィラリアだって、ちゃんと薬をのませてればその事によっての命をたつことにはならなかったのだから...  

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 うらめしや さん 2006年6月20日(火)

このまま何もせず放置すれば死ぬと分かっていて放っておいたわけですよね?
つまり未必の故意であなたが殺したんです。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 しのりん さん 2006年6月20日(火)

今あなたは、最初に逝った先輩犬にしてあげたこと=フィラリアが発病してから医者に連れて行ったことが正しかったのかを悩むことよりも発病しないように予防薬を飲ませていなかったことを猛省するべきです。

その先輩犬が亡くなってしまったことを本当に悲しんだのならば次の子にはそういう目にあわせないようにするのが飼い主としての責任ではないでしょうか?

「一生この想い」とはどんな想いかはなはだ私には分かりませんがもう二度とワンちゃんを迎えないようにしていただきたいと切に願います。

クーさんにはばかばかしく思えるかもしれませんが、私はわが子(人間)と同じくらい私の傍らですやすや眠っている2匹の愛犬の健康を大事にしているつもりなので少し感情的な言い方になってしまったかもしれません。気分を害されたらごめんなさい。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 てんてん さん 2006年6月21日(水)

あまりに心ないメッセージが寄せられているのに忍びなくて書き込みしています。

犬の痛みに敏感でありながら、なぜ人間の心の痛みにこれほど冷淡になれるのか? 悲しみに打ちひしがれている人に追い打ちをかけるような言葉のかずかず。人間を思いやる心のない人に、犬が飼えるのだろうか? と疑問に思いました。自分と飼い方が違うから理解できない、怒りを覚える、それは自由です。が、吐き捨てるようなメッセージしか書けないのなら、この場合は黙って見守るべきではないでしょうか。

犬と人間の関わり合い方は一つではないと思います。擬人化して人間同様に育てようと考える人もいれば、犬は犬、人間は人間、異種という埋まらない溝があり、だからこそその違いを尊んで異種間の信頼や心のつながりを持てた時に幸福を感じる人もいるでしょう。過酷な状況で雪橇を引くエスキモー犬が、必ずしも不幸とは言えないのです。

クーさんがどのようにお考えかは想像するしかありませんが、平素から「犬らしく、自然に(自然淘汰、病死も含めて)」と考えてタム君や先住犬君に接していて、12年の長き間に楽しい思い出があるのなら、病死もその延長としてタム君は受け止めたかもしれないな、と思いました。

ただ、残された人間は「これで良かったのか?」という思いを抱くのは当然だし、他人がどうすることもできないことだと思います。癒してくれるのは時間だけだと考えます。無理に今の苦しさから抜け出そうとするより、考えたり泣いたりして良いと思います。
2年前、私は安楽死の道を選びました。今でもその判断に間違いはなかったと思いますが、その時の愛犬の姿を思い出すたびに涙がこぼれ、「ごめんね」と思わずつぶやいてしまいます。忘れることはできません。

ワンちゃん達の冥福と、クーさんの心の痛みが少しでも和らぐことを祈ります。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 ビアンカ さん 2006年6月22日(木)

てんてんさんへ

私も同じ思いをすることがあります。
このページも掲示板も時々、徹底的に責められて
本スレごと消えている事があります。
人間を思いやる心のない人に、犬が飼えるのだろうか?・・・考えさせられました。

RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 てんてん さん 2006年6月23日(金)

ビアンカさんへ

レスいただきまして恐縮です。
顔が見えないネット上だからどんなことも書けるのでしょうけれど。
寄せられたメッセージを読んだクーさんがただただ心配です。
苦しくて、犬飼仲間が集まるここにすがったのかもしれないのに…
この掲示板を覗くようになってまだ日が浅いのですが、いたたまれなくて書き込んだ次第です。


RE:フィラリア(?)により亡くなった犬 はなたろう さん 2006年6月21日(水)

クーさん、こんばんわ。

私の母も数ヶ月前に愛犬を11歳で亡くし、
ペットロスになってしまいました。母は高齢なので
とても心配でした。
子供達が皆巣立ってしまい、父も亡くなっているので
母の愛犬は11年間人生のパートナーとして、
いつも母のそばに静かに寄り添ってくれていました。

亡くなってしまってから、母は自分を責めて
なにをいっても泣くばかりで母までどうにかなるのでは?っとはらはらしていました。

しかし、幸いにも彼女の周りには一緒に泣いてくれる
友達や家族がおりました。
一人ではなく、誰かと思い出を語りながら、号泣することで、なんとか最近は日常生活を送れるように
なりました。

どうか、クーさんも一人で泣かずに
お友達なりご家族なり一緒に泣いてくれる方と
涙がでなくなるまで泣いて下さい。
動物と一緒に生活する以上お別れは避けて通れません。
悲しいけれど、しかたのないことです。

そして、何年かたって、また動物を飼うことに
なったら、今度は、予防、治療について、
考えなおしてみましょうよ。
謹んで、ご冥福をお祈りいたします。