犬サイトdogoo.com

犬がチョコレートを食べた、致死量と症状の対処方法 マリンバ さん

犬 チョコレート 食べた 症状 対処

3歳の犬が、先ほどチョコレートを食べました。
犬がチョコレートを食べたら、チョコレート中毒の症状はどうなるのでしょうか?
危険な量や、致死量はどれぐらいですか?対処として今できることは何ですか?
食べた量は板チョコを1/5ぐらいと、約5cmのチョコ・クッキー2枚です。

チョコレートは犬が食べると危険、与えてはダメな食材と聞きます。
今は元気ですが、病院へ行くべきか心配です。どうにかなってしまうでしょうか?
病院へ行くか?それとも行かないかの判断基準や、病院へ行く目安を教えてください。

チョコレート中毒の症状、致死量と対応 かぁか さん

食べたチョコレートの種類はビター、ブラック、ミルク、ホワイト何でしょうか?
チョコレート中毒の原因は、チョコレートやココアの原材料カカオに含まれるという物質テオブロミンです。*1
チョコの苦味が多い、ビターチョコ、濃厚なチョコレートはカカオの量が多いので少量でも危険です。
一方、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートは、カカオの量が少ないので多めに食べても大丈夫なことが多いです。

チョコレート中毒の症状

異常が発症する時間は、すぐに嘔吐する犬もいるが、食べた後6〜12時間後に出現することが多い。中毒の初期症状は嘔吐と下痢。死亡率が高い急性膵炎の恐れもあり。*2 *3

危険な量と致死量 : 体重10kgの場合

それぞれの種類のチョコレートを食べた時に、嘔吐・下痢する危険な量と致死量を、体重別にグラフで掲載されています。犬との猫のチョコレート中毒と摂取量 - ひがしやま動物病院

コンビニなどで販売されている板チョコのチョコレート量は60〜65gです。
カカオ含有量が多いブラックチョコだと、板チョコ約3枚と半分程度で致死量となります。
これは一般的なデータであって、体質的に有害物質テオブロミンの消化が悪いと、もっと少ない量でも重篤になったり死に至ることもあります。

対処の方法

  1. 吐かせる
  2. 吸収前、胃の洗浄・活性炭の投与
  3. 対症療法 (発作、昏睡など)

まずは誤飲したチョコレートを吐き出します。
チョコレートを食べ中毒になったら、解毒剤なし。治療の方法は、症状に対応した対症療法のみ。*3

*1 テオブロミン 動物に対する効果
小型犬で50g程度、中型犬で400g程度のチョコレートを摂取すると、犬はチョコレート中毒を起こし、消化不良、脱水症状、過度の興奮、心拍数の低下などの症状が表れる。ひどくなるとてんかん様の発作を起こして死に至ることもある。
引用元: テオブロミン -  wikipedia

*2 チョコレートに気をつけましょう
ミルクチョコを、3kgのワンちゃんが1枚食べると症状が出ると思われます。5kgのわんちゃんは2枚で症状がでると考えます。
食べたチョコのテオブロミン量が中毒量ではなかったとしても、チョコレートに含まれる脂分で、急性膵炎をおこすこともあるので、ほんとに注意しましょう。急性膵炎は死亡率が高く、食べてから1−2日で下痢や嘔吐の症状が出ます。
引用元: 富山県富山市 竹山動物病院

*3 (チョコレート中毒)症状はチョコレート摂取6〜12時間後に出現することが多くて、初期は嘔吐、下痢などがみられます。進行すると、興奮、失禁、てんかん発作、発熱、痙攣、振戦、昏睡が起こります。
治療 - 催吐処置、胃洗浄を行って、活性炭を投与。特異的な解毒薬はありませんので、対症療法を行って回復に努めましょう。
引用元: ますだ動物病院

*4 主症状:興奮、痙攣や発作などの神経症状、嘔吐や下痢などの消化器症状、不整脈、心拍数増加、口渇など 摂取後、早ければ1時間程度で嘔吐などの胃腸障害がでることがあります。
引用元: アニマルクリニック フロンティア

チョコレートの致死量と応急処置 麦カフェ さん

チョコレートを食べた致死量について、諸説様々あります。
犬の体重1kgあたりの致死量は100〜200mgとか250〜700mgとか、小型犬なら20g、中型犬なら50g、大型犬100gとか表示されている数値はどれもバラバラです。
これはチョコレートに含まれているテオブロミン成分によって違いがあり、一概にチョコレート何gから危険と数値化するのは難しいです。

ごく少量のチョコレートを食べても、問題なかった犬もいるようですが、応急処置として吐かせる場合は、過去ログ「犬が異物を誤飲・誤食したとき安全に吐かせる方法」が参考になります。 病院へ行く時は、以下の情報を確認してから行くと、より的確な診察ができます。

病院へ行くとき、確認する情報

犬が問題なく元気になることをお祈りします。

チョコを食べて犬が中毒で急死 ロダン3世 さん

板チョコ、クッキーに含まれるチョコレートの量が少ないので、大丈夫かも知れません。
しかし、チョコレートの成分に心臓麻痺を起こす作用がありますので、見かけ上は大丈夫であっても余り動かさずに早く獣医さんに相談して適切な処置を仰いで下さい。
僕は夜の公園で、犬がチョコを拾い食いしたのを知らず、翌朝、嘔吐している姿を見て知りました。
嘔吐してくれたから、大丈夫かなと1時間ほど様子を見たら、チョコを食べて犬が中毒で急死してしまった辛い悔しい経験があります。お大事に!

チョコレート食べたら、今すぐ病院へ行く ANGIE さん

病院へ行くか?行かないかの判断、今すぐ病院へ行くのが良いと思います。
小型犬ですと、チョコレート20gが致死量と言われております。
チョコレートはネギ類と比較し、犬にとって猛毒です。気を付けてあげて下さいね。
ご無事をお祈り申し上げます。

私の周りで聞いたチョコレートを食べたイタズラな犬たち パンケーキ さん

犬の知識が豊富な方は、口をそろえてチョコレートは危険と言います。
私もそれを信じ、犬にチョコレートは絶対あたえないし、犬が届かない場所へチョコ系スナックは厳重に保管してます。
だけど散歩で知り合った方と話しをすると、「犬がイタズラしチョコレートを食べた」と聞くことは少なくありません
チョコ・アイスを丸ごと、チョコ・クッキーを何枚もとか、板チョコを半分ほど食べたとか。私の周りで聞いたチョコレートを食べたイタズラな犬たちは、食べた後も元気でした。

犬がチョコレートを食べても問題ない、チョコレート中毒はないと解説しているサイトもあります。
犬とチョコレートについて本当はどうなんだ?と考えますが、もし私の犬がチョコレートを食べたらどう判断するか・・・すぐ病院へ行きます。
ロダン3世 さんのような辛い経験をされている方もいるので、獣医さんの診断をお薦めます。

心配でしたら病院で検査 ここあ さん

あくまでうちの場合ですが。(Mダックス♂7ヶ月)
1ヶ月程前、目を離したすきにチョコレート・クッキーをがっついてました。
2〜3枚食べられてしまいましたが、その後元気もあったので病院に行かず様子を見ていたら、1時間後くらいから丸1日ほど下痢になってました。(うんちがチョコレート色)

それ以外は特に体調不良もなく元気でしたね。
ですので、1枚半くらいの量だったら体調の変化に気をつけてあげれば平気だとは思いますが。。。
しかしうちの犬は平気でしたが、質問主さんの犬も同じように下痢だけで済むとは100%言い切れませんので、心配でしたら病院で検査してもらった方が一番安心ですね。

病院へ行くか行かないかの判断基準 kai さん

チョコレートではなくて葱でしたが・・先代のダックスが私の目を盗んでタマネギ入りのオムライスを食べてしまったことがありました。
飼い始めて間もない頃でしたので、あわてて病院に電話したところ「すぐに連れてきてください」と言われました。
病院に着くと急患扱いで、診察室に通されてすぐに、吐く注射をされ、タマネギはほとんど出てきて事なきを得ましたが、その際に「それこそまるまる一個食べてしまって平気な子もいれば、ほんの少しの量でも命に関わることになる子もいるので飼い主が充分今後は注意をするように!」ときつくお叱りを受けました。 犬が玉ねぎを食べたら、危険な量と症状

病院へ行くか行かないかの判断基準は、その量が問題と言うよりは、その犬の体質や症状が問題なのだと思いました。
それからは細心の注意を払うように心がけています。
チョコレートも葱同様、犬にとっては禁忌な食べ物なのでゆずさんのわんちゃんの体がチョコレートに関してどのようなものかはわかりませんので、出来るだけ早くお医者様に診ていだだいた方が良いと思います。大事にならないと良いですね。

チョコレートの致死量 やん さん

絶対に与えてはいけない物がネギやたまねぎとチョコレート。
獣医さんやペットの本などにも載っていました!
チョコレートの致死量は体重1kg当たり20〜40g!小型犬はとくに注意と書いてありました!
ロダン3世さんの犬も急死してしまった。と書かれています、危険なのでは?

板チョコを丸々一個、犬が食べた bubu さん

私がまだ小さな頃、ちゃぶ台の上に置いてあった板チョコを丸々一個、犬が食べたことがあります
当時はまだ犬にチョコレートはタブーと一般的に知られておらず、勿論獣医さんにも見せなかったのですが、不幸中の幸い、下痢、嘔吐もなく犬は健康で問題はありませんでした。

ただ、私の場合は単に運が良かっただけかも知れませんので、心配でしたら獣医さんに連れて行くのが良いでしょうね。
連れて行って問題なければ笑い事で済みますが、もしそれが原因でロダン3世さんのワンのように急死してしまったら悲しいですしね。