犬サイトdogoo.com

子犬の歯磨き、やり方のコツ いつから始める?頻度は? がんこ さん

子犬 歯磨き やり方 コツ いつから 頻度

柴犬(生後3ヵ月過ぎ)を迎えて、2週間が経とうとしています。
最近、子犬の体臭が気になり始めました。
子犬の歯磨きは、生後何か月頃の、いつから始めるのが良いですか? 頻度や週何回ぐらい歯磨きをしますか? 初めての歯磨きで注意点、お手入れする方法やグッズ選び方、やり方とコツについて、教えてください。

Q.子犬の歯磨きについて質問

  1. 歯磨きは、いつの時期から何ヶ月の子犬から始めれば良いか?
  2. 子犬の歯を磨く、頻度や回数は?
  3. 歯磨きグッズの選び方:ガーゼでこする程度で良いと聞きましたが、指にはめるタイプの歯ブラシもあるようで、犬用の歯磨き粉?と併用した方が効果がありますか?
  4. ブラッシングのやり方:私たちが人が歯磨きするよう要領で、犬の歯もブラッシングすればか良い?
  5. 歯磨き効果があるオヤツ:歯磨き効果あり≠フオヤツもありますが、すごく固めのもので、今の時期からでも与えていいものでしょうか?

犬種や飼育環境により異なる点もあるかと思いますが、ヨロシクお願いします。

子犬の歯磨き、始めるタイミング・頻度とコツ くれは さん

子犬の歯のケアを始めるタイミングは、今です。今日から始めます。
すぐに歯ブラシでブラッシングするのではなく、まずは犬に慣れさせることから始めます。
コツは無理にやらない、口周りや歯を触ることから少しづつ、口を触られても、怖がったり嫌がらないよう、パピー犬のときから慣れさせます。

A.歯磨きの回答

  1. 開始する時期:2か月も3か月の子犬も、すぐ今から
  2. 子犬の頻度や回数:理想は毎日、私の周りでは3日に1回が多い。最低でも1週間に1回は磨く。
  3. おススメの歯磨きグッズ:軍手、ガーゼ、歯ブラシ、歯磨き粉
  4. ブラッシングのやり方:犬を抱きしめたり、仰向けにさせたり、犬が落ち着く姿勢で、やさしく丁寧に
  5. 歯磨き効果があるオヤツ:歯をケアする補助程度の考え、基本は歯磨きです。

子犬の歯磨きグッズ選びは、軍手がオススメです。
軍手を手にはめて、犬の歯の表面をこすり、歯垢を取ります。 歯ブラシは犬用でも、価格が安い「人の子供用キッズ歯ブラシ」でもOKです。
歯磨き粉について、人間用はNGです。人間用はキシリトール入りが多く、キシリトールは犬に有害です。犬用のものをご使用ください。

・イヌも歯磨きは必要ですか?
- 歯磨きの練習は、ぜひ今から始めてみてください。
- 歯磨きは、せめて3日に1回行うと良いでしょう。もちろん、毎食後は理想的です。
引用元: NPO法人 JAHTA 日本動物衛生看護師協会

・歯磨きはいつから始めたらいいですか?
若いうちから歯磨きをすることで慣れてくれます。そのため、乳歯が生える頃から指で触ったり、シートを使うなどのケアに慣らしておくこと
引用元: プリモ動物病院(神奈川県相模原市)

子犬に歯磨きとブラッシングの教え方 ダックスのモカ さん

最初から、子犬の歯をゴシゴシ磨くのではなく、先ずは歯のケアに慣れさせることが大事です。
いきなり歯ブラシを歯に突っ込み力強くゴシゴシしたら、歯ブラシを見ただけで逃げる犬になってしまいます。
遊びの一環として、犬の口周りに触れたりなでたりします。なれてきたら、次に口に手を入れ、口を開く。犬が開けたら褒める。 少しづつ丁寧に接し、犬との歯磨きを楽しい時間にしてください。

子犬に歯磨きの教え方・やり方

  1. 犬の口の周りを触る。スキンシップ・遊びの延長
  2. 犬の口に手を入れ、口を開く。犬が口を開けたら褒める
  3. 歯と歯茎を触る、手で歯をこする
  4. 飼主の手を甘噛みされつつ手を口の中に入れる
  5. 指にガーゼを巻き、前歯や奥歯をこする
  6. 歯ブラシに慣れさせる(1):犬の歯に歯ブラシをあてるだけ、じっとしてたら褒める
  7. 歯ブラシに慣れさせる(2):ブラシの先にふやかした少量のフードをつけて与える
  8. 歯ブラシに慣れたら、歯磨き粉をつけて軽くブラッシングする

「口を開けるよ」「口をアーンね」とか優しく語りかけながら、できたら「すごーい!えらーい!お利口さん!グッド!」と笑顔で褒めてくださいね。
犬は人と違って、口内環境が違うので虫歯になりづらいですが、食べかすの歯垢が歯石になるスピードは早いです。
歯磨きをしないと、歯肉炎や歯槽膿漏になり、口臭や歯が抜ける原因になるので、まめな歯磨きが大切です。

【動画】歯磨きのやり方

オススメする歯のケア方法 るーくまま さん

子犬の歯磨きを開始する時期は、生後3ヵ月過ぎから、コツは少しずつ慣れさせたほうがいいです。
犬の口を開けて歯を触ることは、いきなりすると後々嫌なことと誤って覚えることにもなりかねません。
毎日の犬の歯を磨くのは、飼主にとって大変なので、私がオススメする歯のケア方法です。

この3点だけでもかなり歯磨き効果があります。
うちは1〜2週間に1度の頻度で軽く歯磨きをしています。
あまり無理して強く磨くと、歯茎を痛めるので気を付けてください。
ガムなどは購入する際に注意書きが書いてある物がありますが、大抵1歳からとか年齢制限や与える本数など記載してあります。ガムを与えるのは子犬が成長してからです。

獣医さんに、歯のケア方法、やり方などを色々聞くのもいいと思います。
うちは獣医さんにたくさんアドバイスを受けました。犬を迎えて2週間で生後3ヶ月過ぎだと可愛いさかりでしょう。毎日が発見の連続です。
子犬の体臭には、歯磨きとシャンプーのケアを頑張ってくださいね。初めてのシャンプー、洗い方や温度、簡単にできるコツ

・健康な歯で楽しい毎日 デンタルケア
- 固いものを噛ませることでもある程度の歯垢は取れます。遊びの中でタオルなどを噛ませたりする
- 専用のガムなら効果も上がります。ブラッシングのかわりにデンタルガムを与えるだけでOKです。
- 良質なドライフードは歯垢・歯石がつきにくく、また動物にとって栄養バランスに優れています。
引用元: アイン動物病院(大阪府吹田市)

子犬の歯のケアは、飼主の指だけでもOK rue さん

子犬の歯みがきは、まだ乳歯なので「口の中をさわられても、嫌がらない訓練」と考え、始めるのが良いです。
獣医師の先生から「最初、子犬の歯のケアは、飼主の指だけでもOK」とアドバイスされました。
歯磨きグッズを選ぶタイミングは、、歯が生え替わり永久歯になってから、指にはめるタイプ、柄の長い歯ブラシへ犬の様子を見ながら、少しずつ変えれば良いです。

歯みがき効果があるオヤツは、裏の説明書をよ〜く読んだ方がいいですよ。
多くの犬は食べても問題ないですが、ガムなどでお腹を壊す犬もいます。以前私も失敗して、反省しました。
歯に良いと硬いオヤツや噛むオモチャを与える方がいますが、メリットとデメリットがあるので注意が必要です。犬に硬いオヤツ・堅いオモチャを与えても大丈夫?
私も犬を飼うのは若葉マークなので、ご参考になれば幸いです。