犬サイトdogoo.com

犬が怪我、傷の消毒や応急処置 みにゅ さん

犬 怪我 傷 消毒 応急処置

先日、夜中に自分の不注意でワンが傷を負い怪我しました。
犬が怪我や傷などしたとき応急処置の方法や、自宅の救急箱に犬の怪我に備えたグッズを教えてください。
病院に電話をした所、処置の仕方を丁寧に教えてもらい、人間用の消毒液とバンドエイドで処置し、次の日の通院で事なきを得ました。
でもガーゼなど救急箱になく、色んな物を使い失笑されました。

人間用の消毒液で消毒しバンドエイド ウェルチ さん

どんな怪我をしたかわかりませんが、うちでは爪を切る際に神経も切ってしまって血を出したとき、人間用のバンドエイドで止血しました。
犬の止血用のバンドも持っていたのですが、それを巻くと犬が嫌がります。
でもバンドエイドなら嫌がらないし、剥がすときも意外に毛が抜けずに取れます。
爪以外にも血が出るような怪我をした際、人間用の消毒液で消毒をしたあとバンドエイドをつけてます。

切り傷、擦り傷には消毒と洗浄 dolly さん

家にはワン用には特に準備はしてないです。
消毒液、抗生剤入りの軟膏(以前獣医さんからもらって来た物)位で、捻挫や骨折の時は腫れ方が異常なのですぐに分かるし病院に行きますが、切り傷、擦り傷などは患部をしっかり洗って(ぬるま湯で)消毒、軟膏を付け後は靴下か手袋を履かせて脱げない程度に結んで一晩経過を見てから判断します。

犬の軽い怪我には、消毒、洗浄だけで、おおよその応急処置は可能ですよ。
病院では色々物品があるから「あれこれ」言われるかと思いますが、そんなに揃えなくてもって思ってます、どうせ犬は裸足での生活です。
キレイにガーゼを付けた所で散歩に行ったら終わりです。家はこんな感じです。

消毒液は何を使ってますか? みにゅ さん

お返事有難うございます。
やはり消毒液とバンドエイドは必要ですね。
ぬるま湯で洗浄は気づきませんでした、今度また何かあった時は落ち着いて、まず傷口を洗いたいと思います。
1つ質問です。消毒液は市販されている、普通ので良いのでしょうか。

傷の消毒にイソジン アニー さん

我が家の犬たちは傷がたえません。
犬の傷には、カバのテレビCMで有名な人間用うがい薬「イソジン」がたいへん役にたってます。
ちょっとしたすり傷、切り傷など良いです。
アウトドアに出掛けるとき、必ず持っていくもののひとつです。犬ちゃんが舐めても大丈夫なので獣医さんもお勧めの一品です。

バケツにぬるま湯を入れ消毒液で洗浄 dolly さん

家ではドラッグストアーで売ってる消毒液(人間用)を、蒸留水で薄めて使っています。
犬の擦り傷や切り傷の時、バケツに消毒液を垂らし、ぬるま湯を入れて洗浄液を作ります。洗浄液のなかに、怪我した箇所を入れ傷口の洗浄をしてます。
これまで人用の消毒液を犬に使っていますが、炎症や傷が酷くなる経験はありません。質問主さんも消毒液を探すとき、イソジンやヒビテンといった商品が入手しやすい値段も安いです。
私が使うのはイソジンの消毒薬のほうで15センチ位のボトルに入ってるのもなんですが、病院でも一般的に使われているものです。

軽度の傷、何もしない プードルのママ さん

軽度の傷、ちょっとした出血、何もしません。砂やゴミが付着したら水で洗い流すだけです。
かつては、すり傷など軽症には、イソジン等で消毒していました。
しかし傷の消毒は必要ないと、新聞で読み、消毒するのを止めました。
軽度の傷で何もしない理由は、傷を消毒すると、体を守る菌や傷を治す細胞までも殺してしまい、傷が治りにくいからです。

軽度の傷の消毒にイソジンが推奨されますが、深い傷にイソジンを塗るとイソジンンの色に傷口が染まり、様子が分からなくなるとか・・。
深い傷の場合は、すぐに病院へ行くのが良いですね。

・ペットの応急処置
軽い傷・小さな傷:傷口を調べ、出血もほとんどないような軽い傷であれば刺激の少ない消毒薬で消毒してあげましょう。
深い傷・大きな傷:消毒薬はイソジンなどの色がつくタイプは獣医師の診察を受ける際に、傷の様子が分からなくなってしまうので、色がついていない透明なタイプを使用しましょう。
引用元: プリモ動物病院(神奈川県相模原市)

・傷の消毒はやめましょう
- 消毒薬は傷口を刺激し、かえって傷を悪化させると考えられる
- 傷口では傷を治すため体から体液が分泌され、液の中でいろいろな細胞が働いています。消毒薬はそれらを殺してしまい、体が治そうとしているのを妨害している
- 傷口に少しぐらいの病原菌がいても化膿することはまれです。汚れた傷は、水道水などできれいに洗うことが大切
引用元: 奈良県医師会

犬が怪我したあと、経過をよく見て ダックスのレン さん

うちの犬はヤンチャなので、ちょとした傷は何回もあります。
あるとき、傷を作り手足をペロペロし始め、気づくと怪我した手足の裏を噛むのが癖になり、傷が治ったのに手足を噛むのを止めさせるのに大変苦労した経験があります。
小さな傷はすぐ治ることが多いですが、傷口を噛み始め、それが癖になることもあります。犬が怪我したあと、飼主さんは怪我の経過や犬の様子をよく見てくださいね。 犬が自分の手や足を噛む、なぜ?理由や対処方法

愛用する薬、救急箱のなかみ ANGIE さん

我が家では、綿棒の先に消毒液と止血剤が入っているSWABS(犬用)という物を愛用しています。
綿棒の先に薬が予め入っているので、応急の際も使いやすいです。
しかもびっくりするくらい、よく効きます。止血効果が早いこと!便利ですよ〜。

あと、目薬。これは、一本もっておくとやはり便利ですよ。
埃っぽい日の散歩後や、シャンプー後に必ず、目に点すようにしています。
ちょっとした日々の工夫で目の病気も防げますしね。

それから、薬では無いけどNutri-Cal。これは、高エネルギーサプリで、歯磨き粉のような形態をしています。
1cm位ひねりだして、舐めさせるとその日に必要なエネルギーやビタミン、ミネラルが殆ど取れるという優れものです。
我が家では、下痢をした日、バテている日、電車などで移動する前でドックフードを与えられない時などにこれを与えます。
私が通っている獣医さんの所では、予防接種の日にもこれをワンちゃん達に与えていらっしゃいますよ。(注射を打つ瞬間に)
ご参考になれば、幸いです。

Re: 犬が怪我、傷の消毒や応急処置 みにゅ さん

お返事有難うございます。
昨日、病院に行った時にイソジンが棚にあるのを見かけました。
病院でも使ってるそうなので、我が家にも用意したいと思います。
色んな優れものがあるんですね、今度ペットショップ等に出かけたら気にして購入したいと思います。
本当に色々、為になるお答え有難うございます。