犬サイトdogoo.com

譲渡先(新しい飼主)へ料金を請求する前の注意書き

ご利用ガイド
詐欺師に注意
犬を譲渡する、飼主を探す方へ
├ 譲渡先(新しい飼主)へ料金を請求する前の注意書き

譲渡先(新しい飼主)へ料金を請求する前の注意書き

「犬の里親募集」は犬を無料で譲る、犬を無償譲渡する情報に限定した掲示板です。
犬の生体について、いかなる理由があっても、料金を請求できません。
「1. ワクチン代、2. 避妊去勢手術費用、3. 引渡し送料」の負担を里親に、請求できます(条件あり)。 譲渡の条件として、ボランティア団体への寄付強要も禁止です。
取引により、譲渡者やボランティア団体に利益や儲けがある金銭の請求は全て禁止です。請求にあたり、利益や儲けがないこと、営利が一切発生しない取引である証明を、譲渡者(元飼主)へ義務付けてしています。

情報を掲載した場合は、いかなる理由があろうと新しい譲渡先(新しい飼主)に1)ワクチン代 2)避妊去勢手術費用 3)引渡し送料以外の金銭の要求を一切しないことを了解したものとします。
金銭の要求をするさいは、輸送料(交通費、ケージ代)、ワクチン証明書や手術証明書の開示または領収書など経費を証明する書類を請求者(新しい飼主・里親)へ提出してください。施術から1年が過ぎた、ワクチン代・避妊去勢手術費用の請求は禁止です。領収書の日付1年以内に限定し、日付が証明できない場合、請求できません。

ワクチン代、ケージ代など領収書紛失など経費を立証できない場合、請求はご遠慮ください。

1. ワクチン代、2. 避妊去勢手術費用 について

ワクチン代(混合ワクチン・狂犬病予防ワクチン)、避妊去勢手術費用の請求は摂取・手術から1年以内に限定です。
請求日から1年以上が経過したワクチン代の請求はできません。 請求する料金に営利性がない(利益がない)ことを証明するため、医師発行の証明書と領収書を提示してください。

「ワクチン代、避妊去勢手術費用」をご請求するにあたり医師発行の証明書と領収書を提示できない場合、「ワクチン代、避妊去勢手術費用」の請求はご遠慮ください。
1年以上が経過したワクチン代、飼育にかかった餌代、帝王切開費など出産にかかった費用、獣医師による健康診断費や診察費用の請求はできません。

3. 引渡し送料 について

送料は犬の輸送にかかった費用です。
人件費や手間賃など、輸送以外の請求は禁止です。

料金を請求するさい、宅配業者への費用、高速代や飛行機や電車の輸送費、日付と金額を証明する領収書を提示してください。
領収書がない、領収書を紛失した場合、請求できません。車の燃費等により正確な金額が不明瞭なガソリン代の請求はできません。ケージ代は領収書紛失など金額を立証できない場合、請求はできません。

実際に会ってからの引き渡しを前提としています。
全ての取引で、実際に会って取引(送料はゼロ円)が含まれます。
「会って取引しない」、「空輸限定、輸送費の支払いを条件」としている場合は削除対象です。