犬サイトdogoo.com
space
小型犬の膝蓋骨脱臼、手術するか悩む ドラゴン さん

小型犬(10ヶ月)♂の飼い主のドラゴンと申します。(去勢してません)
我が家のワンコは両後足内方脱臼グレード2〜3です。(4ヶ月程前に診断を受けました)

現状は歩く時に‘ケンケン’をしたり‘スキップ‘をします。歩き方は安定していないように見えます。

初期の頃は(4が月前)「キャン」と言って足を持ち上げるなど目に見えるほど痛がっていましたが、現在は特に痛がっている様子はありません。

「ケンケン」する時って
@脱臼している状態なのでしょうか?
A本人にとっては痛みが伴っているのでしょうか?
Bケンケンすることによって脱臼している軟骨を元の 位置にもどしているのでしょうか?

それと現在手術するか否か迷っています。
手術としては溝を深くする手術のようですが、疑問点として
@手術すると一生脱臼しない可能性はどれくらいあ  るのあか?
A溝を深くすることによって骨が薄くなるのですが、
 そのまま骨が‘ポキッ‘と折れてしまうことはない のか?
B手術をすれば他のワンコと同じような生活に近づけ るのか?

以上のことがどうしても気になってしまい、なかなか今後の対処が出来ないでします。

小型犬の場合一生手術をしなくても生活できるようですが、毎日接している中でちょっとしたことで脱臼してしまうので、飼い主としても辛くてたまりません。
家の中での安静も一つの選択かもしれませんが、
私としてはもっともっと伸び伸び遊ばせてあげたいと切望してます。

本来ならかかりつけの病院で質問するべきことですが、経験者の体験を聞いてみたく投稿しました。
分かる範囲で結構です。どうぞ宜しくお願いいたします。

RE:小型犬の膝蓋骨脱臼、手術するか悩む *** さん

まず、ケンケンしているときは外れているときです。
後ろ足を後方に引っ張ってあげると、元に戻ります。
膝のお皿が元の位置に戻ります。

レールと同じで脱臼を繰り返すうちに溝がどんどんちびてきて癖になりますので、外れないようにおうちの中がフローリングであれば絨毯などを引いて滑らないようにすること・急な方向転換をなるべくさせないこと、ピンポンダッシュさせないことなど・・を検討してください。

手術ですが、伸びきった筋を止めるようなもの、
お皿を固定する、
溝を作るなどあります。

まだ10ヶ月齢なので、もしかしたら普段から気をつけることである程度改善する可能性もあると思います。

先生によっては、体重を減らし、足への負担をなくすようにとおっしゃる方もいらっしゃいますが、ある程度栄養をつけて筋肉を発達させると言う方もいらっしいます。

手術事態はいつでも出来ますから、一度生活面で出来ることからやってみてもいいのでは?

先天敵に溝にもともと疾患があるようなものなのであれば、話は別ですが・・・。

RE:小型犬の膝蓋骨脱臼、手術するか悩む あーと さん

はじめまして。我が家とほとんど同じ状況なので書き込みさせていただきました。
手術をためらわれるお気持ち、痛いほど分かります。

我が家の小型犬(2歳)もドラゴンさんのワンちゃんと同じ、グレード2〜3と診断されましたが、
その後1ヶ月ほどで急速に進み、現在は3〜4。
迷った結果、来週の手術(溝を削って深くする手術)を決断して予約してきたところです。
獣医師にいろいろ質問して得た答えのうち、分かる範囲のことだけお伝えします。

A「ケンケン」する時の痛みについて
我が家のワンも片足を上げてブルブル震えているので、さぞ痛いのかと思って質問したら、次のように言われました。

痛いのは脱臼した瞬間であって、その後は痛くないんだそうです。(ただし関節炎などを伴っていれば別ですが)
痛そうにしているのは、不意の脱臼の痛みでショックを受けたため、だとか。。。
ただし痛みの感じ方についてはワンちゃんによっても違いますし、
脱臼しても平気でスタスタ歩くワンちゃんもいるそうです。

Bケンケンで脱臼を元の位置に戻しているのか?
これについては、ちょっと分かりませんが、軽いうちであれば
自分で足を曲げ伸ばしして治してしまうワンちゃんもいるようです。

我が家のワンの場合は、はずれた足を後方に引っ張って
膝の骨をちょっと押してやると戻りました。
(それでもすぐまたはずれるようになってしまったので、手術を決めました)

それから手術について。
@再発の可能性
元々、はずれやすいという素因を持っているので、まったく再発しないとは言い切れないそうです。
ただし、術後のリハビリで「筋肉をつける」、「体重管理をして膝への負担を少なくする」
などの注意によって、再発の可能性もかなり変わってくるそうです。
個々のワンちゃんによって違うので、一概には言えないようです。

A骨が薄くなる(?)ことについて。
折れやすくなったり、足の長さが違ってきたりということはないそうです。

B手術をすれば、他のワンと同じ生活ができるようになるか?
これも、術後のリハビリなどによって違ってくるようです。
ちなみに我が家のワンは、「以前のように激しくダッシュするような走りは期待しない方がいい」と言われました。

それでも、今のような常に脱臼を気にする生活よりは
はるかに普通の生活ができるようになると思っています。

現在、痛がっていないようであれば、手術を懸念されるお気持ちもすごくよく分かります。
ただ、グレードが進むと手術も難易度の高いものになってくるし、
歳をとってからの手術は負担も大きいので、
早いうちに手術を勧める獣医さんが少なくないようです。

でもドラゴンさんのワンちゃんは、まだ10ヶ月ですよね?
それですと骨の発達もまだ見込めるので、もしかしたら
足の曲げ伸ばしをさせるトレーニングなどによっても変化が期待できるかもしれません。。。
安易なことは言えないので、獣医さんとよくご相談されることをお勧めします。

手術をするにしても、しないにしても、
分からないこと・不安なことはたくさん質問して、納得された上での方がいいと思いますよ。
場合によっては、セカンドオピニオンも御健闘なさってはいかがでしょうか。
(もしも今の獣医さんを信頼なさっているのであれば、余計なお世話ですみません)
少しでも良くなって、元気な生活に戻れるといいですね。お祈りしています。

RE:小型犬の膝蓋骨脱臼、手術するか悩む 欄 さん

少しでも参考になればと思い書かせていただきました。
うちの子は生後二十日頃に膝蓋骨脱臼のグレード4と診断されました。45日めに手術をしていまは、10ヶ月。小さい体で(1.2キロ)元気に走り回ってます。うちの場合は全く立てない状態でした。

ちなみに手術のときは、500グラムなく本当に心配しましたが、先生を信じて受けました。手術をされるなら本当によい先生をさがされるとよいと思います。親子でかなり活発に走り回っていますが、何事もなくすごしています。

RE:小型犬の膝蓋骨脱臼、手術するか悩む まこ さん

初めまして。
我が家も経験しましたので、参考になるかは分かりませんが、書き込みさせていただきました。

我が家もチワワです。うちに来た時から、時々キャンといっては足を上げていました。すぐに直るのですが、やはりその時は痛そうで、見ているのが辛かったです。
9ヶ月の時、右足がグレード3、大丈夫だと思っていた左も2と、診断されました。
2件の信頼できる先生に相談して、手術を決心しました。(辛かったです・・・)
先生は若いうちに手術した方が、予後が良いとおっしゃっていました。

始めに右足、その回復を待って2週間後に左足と短期間に2回も痛い思いをさせてしまいました。
しかも2回目の時には、不妊の手術も同時にしました。
本当にかわいそうでした。でも回復力もすごくて、じっとしているのは手術後2・3日で、すぐ歩いていました。

今では、元気な子と全く変わらなく走りまわっています。ちなみに今も膝に固定する金具?が入っています。(一生入れたままです。)
本当に今は膝が悪かった事など忘れてしまっています。
5月で3歳になりますが、なんのトラブルもないです。
むしろ、手術前より、イキイキとしています。
そんな姿を見ると、本当に良かったな・・・と思います。

だらだらと手術を勧めるような事ばかり書いてごめんなさい。決してそんなつもりはなく、本当に経験を書かせて頂きました。

ドラゴンさんも、獣医さんとよく相談されて最善の選択をされて下さい。

やっぱり遊ばせたいですよね! RL さん

うーん、そうですね。

内方脱臼が先天性か後天性か・・・
まあ、医療談義は私ごとき若輩者が出るまでもないので、
他の犬オタク・・・失礼、
犬医療にも「正しい知識」を有している他の方々に譲りますが、
小型犬はも先天的に内方脱臼の犬が多いので、
「ぬいぐるみ」のようなワンチャンを選んだ時点で、
このリスクは覚悟しなければならないですね。

まあ、それにもまして多いのが、
健康で、普通に暮らしていれば、
内方脱臼になんてなるはずない犬に、
カロリーたっぷり手作りフードをお見舞いした上に、
「二本足立ちでのクルクルダンス(通称「愛の舞」)」や
「ソファーからのモデルジャンプ(こら駄目でしょジャンプ)」、
「犬仲間にあった時の「飼い主抱っこ」からの硬い地面への挨拶ダイブ(○○ちゃん、こんにちはダイブ)」
なんてものを繰り返していいるうち、
体重を支えきれない引退後の「曙」のように・・・失礼、
飼い主の厳しい訓練に耐え切れなかった
根性なしの犬が、後天的に内方脱臼になるケースは多いですからね。

>私としてはもっともっと伸び伸び遊ばせてあげたいと切望してます。

・・・そうですか。
もしかしたら、あなたのワンコは、
膝のキャパを超える位、もう一生分遊んだ(特にダンスとモデルジャンプ)のかもしれません・・・(涙)。
どうでしょう・・・例えていうなら、体を酷使し、十代のうちに、膝を壊したアスリートに、
更に「楽しんで走れ!」というのは、ちょっと酷な気もしますが・・・

まあ、とはいっても
ワンコはあなたの「物食う人形」・・・失礼、
あなたの気持ちがワンコの気持ちですからね。
あなたが「遊ばせたい!」
「もう一度二本足でのクルクルダンスが見たい」
というのであれば、
あなたの犬はケンケンとスキップをしながら、
外で「喜んで」走り回りますよ!

選択の余地はないですね。
「自分の意思で走る」ためですから、
ワンコも手術を望んできます!
骨が折れたら、「ボルト埋めの再手術」から、
「車椅子」までなんでもありですよ!!!!!

ある小型犬(10ヶ月)
「マニアの厳しいダンスとハイジャンプの訓練に耐え切れず、膝を壊してしまいました・・・
僕は不幸なワンワンです・・・
できれば、カロリーコントロールと体重管理に詳しく、
ダンスとジャンプとワンコのモデルポーズには関心のないご主人とやり直したいですが、
壊れたヒザは元には戻りません・・・
「しゅじゅつ」は怖いけど、いつまでこんな生活が続くのかわからないことがもっと怖いです。わんわん」

RE:小型犬の膝蓋骨脱臼、手術するか悩む ドラゴン さん

みなさんアドバイスありがとうございます。

●*** さんへ
脱臼の治し方のアドバイスありがとうございます。
早速我が子に実践してみようと思います。
溝は先天的に浅いようですが、まだまだ骨も成長しきっていないようなので、*** さんのおっしゃる通り、栄養をつけて筋肉を発達する手助けをに力入れてみようと思います。

●あーと さん さんへ
詳しい回答ありがとうございます。
とてもさんこうになります。
あーとさんのワンちゃんの手術の無事をお祈りいたします。

●欄 さん
欄 さん さんの書き込みを拝見して手術への期待が高まりました。とても勇気をくれるお返事ありがとうございます。

●まこ さん へ
手術まえよりも生き生きする・・・と言うお言葉を聞くととても勇気が出ます。
我が子も生まれたときから自分自身後足ばかり気にしているようです。いつも舐めたり毛を抜いたりしてます。ストレスに感じていることと思います。生き生きした姿を見れるのでしたら、手術への期待も膨らみます。

【犬のQ&A集 メインカテゴリ】
犬のしつけ 犬の病気 犬の飼い方 繁殖 グッズ トリミング
犬の質問と回答集TOPへ (質問の総数:4373 件)
犬グッズ&ペット用品
バリケンネル バリケンネル
世界で使用されているロングセラー
オレンジX オレンジX
人と犬に優しい天然洗剤。オレンジの良い香り。
FURminator ファーミネーター FURminator ファーミネーター
プロも愛用、抜け毛をすっきり除去
ペット用木製ケージ ペット用木製ケージ
室内に調和する木製フレーム
ペット用ウェットティッシュ ペット用ウェットティッシュ
無香料・ノンアルコールなので口に入れても安心
犬グッズ&ペット用品