犬サイトdogoo.com

ペットロス克服法、悲しみの乗り越え方を教えて ミレのボス さん

実家で暮らしていたマルチーズ(♂3歳)ミレが、お風呂で溺死しました。
突然に起きた、愛犬の事故死により、家族全員が深い悲しみ、絶望、寂しさ、脱力感に落ち込んでいます。
ペットロス克服法や、愛犬が亡くなった悲しみを乗り越える方法について何かアドバイスを教えてください。

数日前に突然母から、叫びながら電話をもらい「ミレが誤って風呂に落ち溺死した・・」、高速道路で2時間かけ実家へ駆けつけました。
とても悲しい死です。父は外出し留守でした。なぜ水嫌いだったミレが浴槽で溺れて亡くなったのか。家族の誰もが自分自身を責め後悔しています。父は外出しなければよかった、母はお風呂のふたを閉めておけばよかったと。
私も主人もこの日は休みだったので実家に帰っていればよかったとか、人工呼吸すればよかったとか。どれをとっても悔やまれます。

特に父が好きな犬だっただけに、父の落ち込みは見ている私たちが悲しく切なくなります。ハウスの前に座り込んで涙を浮かべたり、亡くなった浴槽を眺めていたり、散歩の道を歩いてオシッコの場所を見ていたり・・・。
私もミレがもういないなんて考えられないでいます。父は人前でもかまわず泣いている毎日。これから私たち家族はどうすればいいのでしょうか。
私たち家族は、ペットロスを克服できますか?どうやって愛犬が逝った悲しみを乗り越え立ち直れるでしょうか?

ペットロス克服法、悲しみの乗り越え方 かりーな さん

愛犬の突然の事故死よりまだ数日、お亡くなりになったことが実感として捉えられず深い悲しみに共感します。
日本医師会がペットロス症候群について、症状や立ち直り方法についてパンフレットを出しています。

・ペットロス症候群とは
(ペットを失う)ダメージによる精神的・身体的不調を指します。当然、大変な悲しみにおそわれ、泣いたり、不眠、食欲不振、食べ過ぎ、胃の痛み、息苦しさ、疲労感、身体の痛みなど、さまざまな症状が現れます。

・立ち直りを目指して
- 亡くなったペットについて良い思い出として気持ちを整理して、新しいペットと暮らす気になれば、ペットロスはほぼ克服できたといってよい。
- 空虚感、不眠や身体の不調が1ヵ月以上も続くときは、精神科医や心療内科医に相談するのも1つの方法です。

・ペットの死から段階的な立ち直り例
  • 第1ステップ:ショックのあまり事実を認められない → ペットの死を現実のものとして受け入れる
  • 第2ステップ:絶望感と悲しみの日々 → 自分の気持ちを素直に表現する
  • 第3ステップ:少しづつ回復していく → ペットがいない環境に慣れていく
  • 第4ステップ:もとの生活へと戻る → 失ったペットを思い出として整理する
引用元: ペットロス症候群 - 日本医師会 日医ニュース No.201

新たに犬を飼育できる状況なら、新し犬を迎え入れるのが傷心を癒します。
私も数年前に愛犬が亡くなり、酷く落ち込んだ私の心にぽっかり空いたスペースを埋めること出来たのは、新たに迎え入れた犬でした。
気持ちの整理がつくまで、しばらく時間が必要です。簡単な解決策はすぐ見つかりませんが、ゆっくり少しづつでも、心が前向きになるよう祈ります。

愛犬を亡くした悲しみに、「虹の橋」を読む  ちょこ さん

私も愛犬を亡くしたことがあります。
それは言葉に尽くせないほどの悲しみでした。
私がペットロスを克服した方法の1つに、「虹の橋」という話(詩)を読みました。私はこれを読んで涙が溢れ、胸のツカエが和らぎました。
亡くなった愛犬とは必ずまた会えますよ。

・虹の橋 (詩)
この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。
しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。
一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。
死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。
引用元: 虹の橋 - wikipedia
動画 虹の橋 (詩) (youtube)

ペットロス克服法、悲しみの乗り越え方を教えて mond さん

愛犬の溺死で、自分を責める日々を送られていると思います。
私は今まで4匹の犬のペットロスを経験しました。
脳腫瘍を患い亡くなった犬、家族が見守る中で逝った犬、4歳という若さで心臓病発作により急死した犬、家族が外出中に息を引きとった犬、死と向き合えず自分を責めたり、もっと色々な場所へ連れて行けば良かった、もっと美味しい物をあげれば良かった、とほんの些細な事でも思い出し涙が流れ、後悔しました。
ですが、悲しみは必ず乗り越えられます。早く立ち直れることと、愛犬のご冥福をお祈りしています。

ペットロスの悲しみを克服した1冊の本 いちご さん

なんてお悔やみを申し上げたらいいのか・・・特にお父様はご心配ですね。
私も6月にペットショップから連れて帰った子犬を一週間で亡くしました。
たった7日間一緒にいただけなのに、悲しみのどん底へ突き落とされて、ずっと這い上がれずにおりました。

私がペットロスの悲しみを克服したのは1冊の本です。 出会った本の名は「 ペットたちは死後も生きている/ハロルド・シャープ」です。
亡くなった犬とはまた逢える、心が安らぎ気持ちが楽になり、子犬を忘れずに生きていこうと思いました。もう少し時間が過ぎ、落ち着かれたら、ぜひ読んでいただきたいと思います。

ペットロスを克服した私の経験 リタの母 さん

私も3年前、ミレちゃんと同じマルチーズを白血病で亡くしました。
享年7歳でした。母の愛情を受け幸せな日々を送っていたのに、突然の病いに倒れ、母と私はその子が逝ってからというもの毎日泣き暮れて、一日が何十日にも感じる辛い日々でした。
まさにミレちゃんのご家族と同じ状況でした。
いつもちょこまか走り回っていた家の中に訪れたその静寂は、さらに私を落ち込ませました。愛犬を亡くされた方なら覚えのある感情かも知れません。

私はこの悲しみを克服し、家族を救うためとった行動は、亡くなった愛犬と同じく、新たな犬を飼うことです。
ペットロスになり、悲しみを乗り越えられずにいた私は、周囲からの反対、ひんしゅく、批判などを浴びながら、放心状態の中、気がつくと一匹のチワワの仔犬を助手席に乗せて車を運転していました。
新しい子犬を飼うことについて、当時の母は大反対。愛犬(ララ)が亡くなったばかりなのに喪に服す気もないのとか、ララを忘れることになる、ララに申し訳ないと思わないの?とか言っていました。
最近になり、ララが亡くなった後の様子を振り返り、母は私の行動を肯定し感謝してくれてます。母も私もペットロスで本当にどん底の状態だったのです。
今、そのチワワは成長し、家族皆から愛され、膝の上で寝言を言いながら熟睡中です。

亡くなった子への愛情が深ければ深いほど悲しみは大きく、私など3年たった今でもあの子の写真さえ飾ることも出来ず、生前飲んでいた薬やお気に入りのオモチャや髪飾りやそのほかたくさんのものが当時のままです。
私は無理に悲しみを忘れようとは思わないし、心の整理をつけようとも思わないんです。いつもいつも心の中は彼女と一緒のつもりなので。
質問主さん、何だか自分のことばかり書いてしまいごめんなさい。ペットロス克服に、こんな経験談もあるのかと参考にしていただければ幸いです。

ペットロスから立ち直るきかっけとなった本 キャップ さん

「愛犬が死んだ・・・」。この事実を理解するまで、もがき苦しみました。
ペットロスによる悲しみ、後悔、絶望、無力感、失望感、強い精神的ダメージによる落ち込みから、抜けだせずにいました。 この悲しみがどこまで続くのか不安になったとき、親友からプレゼントされ、立ち直るきかっけとなった本を紹介します。
「ありがとう。また逢えるよね。ペットロス 心の相談室」 著:横田 晴正

本を読み涙が流れました。悲しみも流され心が温かくなりました。
愛犬が生きていた時の充実した時を思い出し、感謝の気持ちを強く確認できました。
私もそうですが、私よりさらに落ち込んでいた妻も前向きな気持ちになり、とても感謝しています。

愛犬はいつでもどこでも、私たちのそばに居て家族を見ている みなこママ さん

お父様お母様にとっては、事故の数分前まで元気であった愛犬の命のはかなさを信じられないと思います。そして自分を責める辛さです。
ペットロスになった方の話の中で、命を亡くした心の傷は命の輝きでしか取り戻せない事があります。こんなにも命を愛されたお父様とお母様です。
あまり時間をおかずに新しい命(子犬)を迎える気持ちになって頂けたら一番いいのですが・・。

ミレちゃんはきっとお父様やお母様やみんなの側にいてくれます。そして悲しい顔をみて、寂しがっています。
命の短さを嘆くより、どうぞミレちゃんが家族になってくれた事を感謝しましょう。暖かな家庭に迎えられたミレちゃんも幸せであった事も忘れないでいましょう。
亡くなった愛犬の年齢を数え、私は供養する事も大切だと思います。お誕生日やクリスマスなどお話してあげるとワンちゃんも喜んでいます。心の整理を無理につける必要はないです。

もし縁があり、新しい犬と出会いがあれば、前を向き新しい家庭を作ってあげる事、これも大切なミレちゃんへの供養だと思います。
しかし、今は泣いてもいい後悔でもいい、とにかく話を一杯しましょう。悲しい話ではなくいい子だったお利巧だった、可愛かったミレちゃんの話を一杯する事です。話す事は人が癒し耐えるために大切な事です。今はミレのボスさんが一杯話を聞いてあげ、一緒に旅行をするなど環境をかえる事も大切だと思います。

もう一言だけ、犬はご家族が落ち込んでいたらどんな顔をしていたでしよう。悲しんでいたらどんな顔をしたでしょう。笑っていたらどんな顔をしていたでしよう。思い出して下さい。愛犬はいつでもどこでも、私たちのそばに居て家族を見ている、そう思うのは大切です

後悔するよりも・・・ケイト さん

私も去年実家のわんこが亡くなりました。納得のいかない死だっただけに、今でもつらい思いをしています。
今はご家族で悲しみを共有する時ではないでしょうか。まだなく亡くなって日が浅いので、立ち直るなんて無理にしない方が良いと思います。思い切り泣いた方が良いです。
ご家族にとって愛犬の死は納得が出来ないと思いますが、後悔する事よりも、天国で幸せになって、いつか生まれ代わって、また大切にしてあげれるように元気を出してください。天国で愛犬もご両親の様子を見てくれていると思いますよ。あまり泣いてばかりいると天国にいる愛犬が心配しますよ。

動画「ふわふわのくに」をみてペットロスを乗り越える 天高く さん

私も数ヶ月前に愛犬が逝きました。
私がペットロスの悲しみを乗り越えるさい、心のよりどころになった動画「ふわふわのくに」を紹介します。
物語の主人公はネコですが、亡くなった愛犬がいつもそばにいると、信じる勇気が出ました。

動画 ふわふわのくに (youtube)

今の私は完全にペットロスを克服したとは言い切れません。しかし愛犬が亡くなり間もないころは、何を見ても泣いていたのに、今では ペットロスに関する多くの本や詩を読んだり、動画を見たり、ネットの情報を読み、少しつづ何か違ってくるのを感じます。
今すぐ無理して克服する必要はないです。苦しかったら、見なくてもいいですし、自分のペースでゆっくり時間をかけていいと思います。

犬は飼主の明るい顔が大好き ラズリー さん

今はただ、愛犬の死を思いっきり悲しんであげてください。
泣きわめいてもいいと思います。悲しみ、辛さ、喪失感、我慢せずに吐き出してしまいましょう。
お父さん、お母さんと一緒に、愛犬の死を惜しんであげてください。

でも、もう自分たちにはペットを飼う資格はないなんて考えないでくださいね。
いくら、自分たちを責めても、愛犬は戻ってきません。
犬って飼主の明るい顔が大好きですよね。愛犬のためにも、どうか自分を責めすぎないように。
悲しみはつきることがないと思いますが、もしまた犬と暮らしたいという気持ちになれる時がきたら、一日も早く新しいわんちゃんを迎える事をお勧めします。

天使ママと天使パパ ビーグルママ さん

ミレのボスさんや皆さんの書込みを読み、私も悲しくなりました。ご家族の皆さんの心にぽっかりと空いてしまったものはどんなに大きい事でしょう…。
今は、泣きたい分だけたくさん泣いて下さい。「泣く」という事は、亡くなった命への一番のご供養なのだそうです。 たとえ亡くなる瞬間にそばにいてあげられなかったとしても、泣きたい時は泣いて。。そして、たくさん愛犬に話しかけてあげて下さい。心の中でもいいし、声に出してもいいです。ミレちゃんが大好きだったご家族の声は、お空に帰ったミレちゃんに届きます。。

実は私自身、昨年流産を2度経験しました。初期流産だったので赤ちゃんの姿や顔はおろか、心拍さえも見れない時期の出来事。一緒に何かをした、お話したっていう思い出もないほどの小さな小さな命。でも、それでもやっぱり悲しくて悲しくて、1年経った今でも涙が出ます。
流産経験者の間では、私達のような者達を「天使ママ・天使パパ」って言うんです。そして、みんなこんな風に思って前を向いているんです。
「お空に帰った天使は、いつかまた、私達を探し当てて戻ってきてくれる」と。
お空に帰った愛犬も、いつかきっと飼主やご家族の声を探し当てて、新しい命に生まれ変わって戻ってきてくれると思います。
皆さんがおっしゃるように、きっとまた会えると思います。愛犬のご冥福を、私もお祈りしています。